八幡宮   豊川市八幡町本郷16
本社伝によると第40代天武天皇の白鳳年間(7世紀半ば)に大分県宇佐八幡宮 から勧請されたと伝えられている。
本殿は文明9年(1447年)室町時代の建築で、三間社流造桧皮葺で蟇股の彫刻といい、木割の調子の整った点、懸魚から繰形のさびのあるところなど、当時の建物の特色を充分に表現しているあたりは他に類例が無い。   明治40年5月27日 国の重要文化財
御祭神として第一殿に応神天皇、第二殿に天照大神の三姫神(田心姫命 、湍津姫命 、市杵島姫命 )、第三殿に神功皇后がまつられており、毎年4月の第2日曜日には大祭 が行われる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)写真をクリックすると拡大表示されます

(11)

(12)写真をクリックすると拡大表示されます

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ