7等級 三河総社(白鳥総社)・高市黒人歌碑    豊川市白鳥町上郷中1番地
国司が任国につくとまず一宮(三河の場合は一の宮砥鹿神社)に参拝し、次いで、二の宮である知立神社(池鯉鮒大明神)はじめ、順次、国内神明帳所載の各社に参拝する。  交通機関の不備な当時においては、相当難事がともなったので国街所在の宝飯郡を除いた他七郡の各社を一ヶ所に勧請奉祀したのが三河総社だという。  ここには、58の神社が祀られている。 祭神は三河国諸祭神で、例祭日は4月第4日曜日
飛鳥時代の大宝2年(702)、高市黒人(たけちの くろひと)が持統天皇の三河国御幸に同行した際に詠んだとされる万葉歌碑が、2014年3月16日、三河総社の前に建てられた。        妹(いも)も我(われ)も 一つなれかも 三河なる 二見の道ゆ 別れかねつる
知立神社のホームページ   高市黒人  持統天皇 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月08日更新 】

(1)

(2)  写真をクリックすると拡大表示されます

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9) 高市黒人歌碑

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ