9等級 素盞嗚神社  豊川市中央通2-55
永治元年(1141年)6月15日、領主田辺隼人が 今水寺 の僧 享伝法印に命じ初勢天王宮を祀ったのが始まりという。
素盞嗚命を祭神とし、例祭日は4月第3日曜日。
社殿右側にある狛犬は、お祭りの時の手筒花火の火炎で赤茶色に変色している。


   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月28日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

手筒花火の火炎で赤茶色になっている

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ