菟足神社貝塚     豊川市小坂井町宮脇2-1

菟足神社の境内は縄文時代晩期(約3000年〜2500年前)の貝塚跡で、今でもハマグリやシジミの貝殻を見つけることができる。
中には巻貝などもあるが、さすが、殆んどが欠けているようだ・・・・


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年03月08日撮影 】

(1) 菟足神社

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)  写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ