豊川稲荷遥拝所   豊川市御津町西方松本
愛知御津の踏切から駅までの途中、道路沿いの左手に朱塗りの鳥居があり、その奥の祠に稲荷さまが祀られている。
愛知御津駅 は明治21年9月1日、当時の西方村に 「御油(ごゆ)」駅として開業し、村の人口は極めて少ないながら豊川稲荷 の表玄関として賑わいをみせたとか・・・
今でも祠の前にはお狐さまが祀られ、だきに眞天の幟が立てられている。
豊川稲荷遥拝所は 豊橋市下地町 にもある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ