御津船山古墳   豊川市御津町広石船山17 昭和44年2月3日  市指定史跡

全長37m、後円部の径 21m、前方部径 15m の前方後円墳で6世紀中頃に築造されたという。
埋葬施設や出土品は明らかではないが、墳丘からは須恵質円筒埴輪が採集されている。


前方後円墳   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年04月04日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4))  写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ