豊川進雄神社  豊川市豊川西町134 このページを印刷
進雄神社(すさのおじんじゃ)は文武天皇の大宝元年(701年)の大干ばつの際に、牛頭(こず)天皇をお祀りして雨乞いの祭祀を行ったのが始まりという。祭神は進雄命で、7月20日に近い金・土・日曜日には、三河煙火の伝統を継承した手筒、大筒、からくり、綱火が奉納される夏まつりが行われる。
綱火は鳥居の外から拝殿に張られた2本の綱に、噴出花火を走らせるもので「追い綱」「行き別れ」「車火」と呼ばれる噴出花火、約120本が拝殿に向かって放たれる。 東西二つの本会所が競い合い、秘伝の妙技を披露する。   昭和43年3月11日  県指定無形民族文化財
東三河の神社    詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年02月04日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)手筒花火の火炎で赤茶色になっている

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ