岩略寺城址(長沢山城)   豊川市長沢町御城山 昭和55年2月1日  市指定史跡
東西三河の境として標高174mの御城山山頂に築かれた重要な役割を持った山城ではあるが、いつ、誰が築城し、誰が在城したのか、はっきりした史実が分かっていない。
一説には1444~1449年に関口刑部少輔満興によって築かれ、弟の長沢直幸が城を守ったといわれているが定かではない。
城跡は2,800㎡と広大な面積を持ち、曲輪、井戸、石塁、土塁、堀など完全に近い状態で残っており、全山が要塞化されており、県下でも保存の良さ、大きさでは貴重な山城である。   【説明版より】
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2) 写真をクリックすると、拡大表示されます

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ