望理神社・森城(望理城・森村古屋敷)址   豊川市森6丁目43番地
常陸国水戸城主の佐竹氏の一族、清和源氏の後裔・佐竹政義 が宝飯郡中条郷鍛冶村(現牛久保町)へ来住する。 
その後、1460年にこの地、森村に平城(望理城)を築いて移り住んだ。 現在は望理神社となっている。
森城址の標識は非常に分かりづらい。   神社の周りをいくら探しても見つからない・・・・  県道31号に出て、望理神社北東側の県道沿いを注意深く探してみよう・・・
望理神社 祭神:大歳神、素盞嗚命、保食神、稲田姫命  例祭日:4月第4日曜日
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)この標識は県道沿いにある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ