西原館跡      豊川市西原町松葉 このページを印刷
地頭、荘官クラスの屋敷跡と言われるが、時代、城主などの詳細は不明。 成徳寺 の西側一帯に土塁、空堀、曲輪跡などが残る。
「一宮町むか志ばなし」では、三河の守大江定基の妻女の館跡で、成徳寺境内にあるお荒神様は、その妻女のお墓だという。
     一宮町むか志ばなし「 成徳寺の大濠と尼御所

8月に訪ねると、成徳寺のサルスベリ の見事な花に出会うことができる。
東三河の城・屋敷跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2012年08月03日撮影 】

(1)成徳寺

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ