御油の松並木  豊川市御油町内旧東海道 昭和19年11月7日  国指定天然記念物
十返舎一九東海道中膝栗毛 の中で、弥次さん、喜多さんがキツネに化かされたという松並木で、東海道五十三次 35番目の宿場町として栄えた 御油宿 から 赤坂宿 までの延々600mにわたって300本の松の大木が立ち並び、江戸時代の趣を今に残している。
松は、慶長9年(1604)、徳川幕府の道路政策として、家康の命を受けた大久保長安が植樹したもので、幕府によって厳しく管理されてきた。
江戸時代の松並木の面影を残す全国唯一のもの。
    十返舎一九  東海道中膝栗毛  大久保長安
東三河の史跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年9月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ