日本一古い現役郵便ポスト 豊川市豊川町1番地
豊川稲荷の立願所(ご祈祷申込所) 前に、大正6年(1917)頃、豊川稲荷の私設ポストとして設置された「丸形庇付ポスト」がある。
この 「丸形庇付ポスト」 は、明治45年(1912)に造られた現役最古のもので、現在日本には2つしか無いという。 「便郵」という文字も右側から書かれている。
今年(2013年)の4月に修復塗装され、真っ赤な胴体と投入口の周りに施された金色の塗装と金色の郵便マークが復元されている。
今でも、このポストに郵便物を投函すると、1日2回収集されて全国に配達される。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2013年12月22日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

何となく「明治」 を感じさせてくれる風景

PHOTO-4

投入口の周りは金色に輝き、
「郵便」 という文字も右から書かれている

PHOTO-5

投函された郵便物は、1日2回、ちゃんと
収集されて全国に配達される

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ