八面神社のクスノキ(楠木)  豊川市御油町八面17
御油の国道一号線沿いにあるユニクロの裏に八面神社がある。 祭神は楠正行(くすのきまさつら)で、例祭日は9月27日。
社殿の横に御神木の大きなクスノキがあり、幹周り6.85m、高さ約20m、正に巨木! しかし、現在の木は2代目とか。 
元の木は周囲約12m程あり、根元が空洞になっていて広さは6畳程あったという。それ故、乞食がこの中に起居し、火を焚いたため、樹の根元が焦げて大木が枯死してしまったという。  「御油宿のこぼれ噺」より
夏になると、この大きなクスノキに、小さな実が生る。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年10月25日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

 (7)

(8)

 (9)

(10)

 (11)

(12)

 (13)

(14)

 (15)人間が小さく見える

(16)
夏になると、丸く小さな実が生る 【 2022年8月15日撮影 】

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます