大木の不動滝と行者古墳   豊川市大木町
宝陵高校 南校門の東側にある小山に赤い鳥居が建っている。 鳥居をくぐって石段を上れば、そこには浅間神社や駒嶽神社、行者様、道祖神が祀られており、この一帯は、弥生・縄文時代の住居跡などがあって、才原古墳群の1つで行者古墳とも呼ばれていたという。
そして、鳥居の右手の茂みの中にはお不動様が祀られており、その後ろに落差3m程の滝がある。 
石積みや滝壺など人工のようだが、水は湧き水のようで、鳥居とお不動様の間辺りからも滲み出ていたり、塩ビのパイプからも流れ落ちている。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年10月19日撮影 】

(1)  この鳥居の右手の茂みの中にお不動様が祀られてある。

(2) 鳥居をくぐって石段を上ると・・・・

(3)

(4)

(5) 役の行者

(6) 浅間神社や駒獄神社

(7) 才の神が祀られている

(8) 鳥居の横にはお不動様が・・・・

(9) このお不動様の後ろに滝が落ちている。

(10) 境内から見る大王松

(11)

(12)

(13) 鳥居から石段を上って行くと滝の上に行くことができる

(14) ここから湧いているのかな?

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ