敬円寺(きょうえんじ)     豊川市御津町御馬西40
真宗大谷派の寺院で、山号は満照山。
赤松満祐の3男満照は、寛正2年(1461)に蓮如上人から浄欽の法名を授けられ、永正12年(1515)に入滅、その後、三河一向一揆で信州飯田に逃れる。 そして、元亀元年(1570)三河に戻り、当寺を建立したという。
墓地の中には、この開基浄欽の墓がある。

赤松満祐 三河一向一揆 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年01月02日撮影 】

(1)

(2)

(3) 開基浄欽の墓

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ