誓林寺のサクラ   豊川市長沢町下市3
浄土真宗本願寺派の寺院で、山号は古谷山。
親鸞聖人(1173年〜1262年)の弟子が山中村に草庵を建てたのが始まりとされる古刹で、山門前に大きな鬼瓦が置かれてある。
春先に訪れると、ひっそりと咲く紅白の梅が出迎えてくれ、春真っ盛りになると山門脇の桜を楽しむことができる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年03月30日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ