多聞閣(たもんかく)     豊川市御津町広石御津山11-12
昭和5年(1930年)7月13日、御津山遊園地が開かれ、その中心として 大恩寺 にあった毘沙門天を祀ったのが始まりという。
御津中学校の西、御津川の山下橋を渡るとすぐ、民家の間を 御津山 に向かって伸びる長い石段がある。 ここを登り切って更に右の方に進むと、もっと長い石段が続く・・・・ここも登り切ると・・・・・また、石段・・・・ やっと毘沙門天を祀る多聞閣に着く。 かなりきつい!
御津山山頂まで、316段の階段が続く。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年04月29日撮影 】

(1) 御津川を渡ってすぐにこの石段を登る

(2) 登り切ったら右にまっすぐに進む

(3) 更にこの石段を登る

(4) そして、ここも登る

(5)

(6)

(7)

(8) 御津の街を見下ろす

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ