藤原俊成卿像・俊成苑  蒲郡市竹島町
藤原俊成 は、平安時代の代表的歌人で百人一首の詠人でもあり、久安元年(1145)12月から久安5年(1149)4月まで三河の国の国司として蒲郡を開拓。琵琶湖竹生島から勧請したという俊成ゆかりの竹島 は蒲郡のシンボルとなっている。
藤原俊成の歌:    岩間もる玉かげの井のすずしきに 千歳の秋を松風のふく            
                             世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる
富永直樹氏製作による像は、平成3年4月に建立されており、JR蒲郡駅前には、「藤原俊成伝承地 涼みが杜」の碑が建てられている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年04月16日更新 】

(1)

(2)竹島を眺める藤原俊成

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)藤原俊成の歌

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ