八幡神社   蒲郡市新井形町新井52番地
創建は明らかではないが、天正慶長の頃(1573年‐ 619年)、上之郷城鵜殿藤太郎(長持)がこの村に滞在の際、武運を祈願したという。
祭神は応神天皇で、例祭日は10月第3日曜日。
新井形公民館の北側に隠れるように鎮座しているので、チョッと分かりにくい・・・ 社務所は公民館と兼用しているようだ・・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年02月02日撮影 】

(1)灯篭と鳥居の間に民家があり、鳥居と社殿の間に公民館がある。

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ