柏原城址  蒲郡市柏原町中原 このページを印刷
弘治年間(1555年~1558年)に 上ノ郷城 鵜殿長持 の弟・長祐が居城し、柏原鵜殿氏の始祖となる。
現在は小高い山となっていて、中は竹林が広がり、曲輪と思われる平坦な部分と、一部、土塁のような個所もあるが、明確な遺構は確認できない。
東三河の城跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2022年04月22日撮影 】

(1)南側から城跡を望む

(2)ここから竹林の中に入ってみると・・・

(3)中は曲輪のような平坦な部分と・・・

(4)土塁のような個所もある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ