南設楽郡鳳来寺村道路元標  新城市玖老勢薮ノ内
県道32号長篠東栄線の玖老勢の信号から少し北へ行った所で旧道に入ると、200m程先の左手に玖老勢コミュニティプラザがあり、この建物の入口左手前に鳳来寺村道路元標がある。
鳳来寺村は、明治22年(1889年)、門谷村と玖老勢村、副川村の一部が合併して誕生。昭和31年(1956年)4月1日 、南設楽郡長篠村および八名郡大野町・七郷村と合併し、鳳来町となる。その後、平成17年(2005年)10月1日に新城市・南設楽郡作手村と合併して現在の新城市となる。
コミュニティプラザの南西は、塩平村古城 があった所だという。
   このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年02月02日撮影 】

(1)左側の玖老勢コミュニティプラザの前にある

(2

(3)

(4)文字ははっきりと読み取れる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ