守義の石仏 新城市作手守義儀光
県道35号岡崎設楽線を国道420号に向かって進んでいくと、儀光のバス停を過ぎた辺りに右に入る道がある。 橋が架かっているが、橋の名前は分からない。 その橋の道路向かいに石仏が祀られている。
赤い前掛けや榊、お神酒など綺麗に供えられていて、地元で大切にされているのがわかる。
以前に見た時には、一番右のお地蔵様には首が無かったけど、いつの日か、元に戻ったようです・・・
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年06月29日撮影 】

(1)

(2)道路向かいにはこんな橋が架かっている

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ