石田城址    新城市石田字西金国
天正18年(1590年) 吉田城池田輝政 の家老で 新城城片桐半右衛門正義 が野田川と豊川の合流点北に築いたとされる。
慶長5年(1600年) 関ヶ原の戦い後、池田輝政の姫路52万石の転封に伴い片桐氏も同行、石田城は廃城となる。
土塁には標柱が建てられているが、文字は全く判読できない。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年02月04日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ