牧野文齋碑 新城市八束穂字天王
明治元年(1868年)生まれの 牧野文齋 は、私立信玄病院初代院長として医業の傍ら日蓮宗に入信して信玄祖師堂 を建て、長篠・設楽原古戦場の史蹟保存の活動を進めてきた。 その一部が設楽原をまもる会出版の『設楽原戦史考』であるとか・・・

  設楽原古戦場いろはかるた  そこかしこ 顕彰碑たてし 牧野文斎
前のページへ戻る   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年10月02日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ