織田信長本陣極楽寺跡   新城市上平井
天正3年(1575年)5月18日、長篠設楽原の戦いの時、設楽原に軍を進めた織田信長 はこの極楽寺山に本陣を置いた。極楽寺は戦の折に焼き払われ、今はその姿はない。 決戦を前にした軍議で、鳶ヶ巣山奇襲 の進言はここで行われた。
設楽原古戦場いろはかるた  絵図ひらき 軍議かさねし 極楽寺
                      手振りよく おどる酒井の えびす舞
また、「信長ここにあり」 と幟旗や旗指物を林立させた 織田信長旗本地 は、ここから南西へ数百メートルの所にある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ