菅沼次郎右衛門忠久の碑  新城市上吉田山本 このページを印刷
菅沼忠久産湯の井戸 の道路を挟んだ北側の山が、井伊谷三人衆の一人、菅沼次郎右衛門忠久 の屋敷跡だという。
三河国報徳社本社跡がある辻稲荷神社 の南から山の中に入り、踏み跡を頼りに山上を目指すと、少し開けた所があって、そこに「菅沼次郎右衛門忠久」と書かれた碑がある。明治38年4月建立か・・・
東三河の史跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年03月17日撮影 】

(1)産湯の井戸の北側、この山の上に菅沼忠久の碑がある

(2)辻稲荷神社の南側から登る

(3)ここから山の中に入って行く・・・

(4)踏み跡を頼りに・・・

(5)山頂を目指すと、

(6)前方に石碑が見える

(7)

(8)

(9)菅沼次郎右衛門忠久

(10)明治38年4月立
 
このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ