菅沼忠久産湯の井戸  新城市上吉田山本
三河国報徳社本社跡がある辻稲荷神社 の一本南の道沿いに、井伊谷三人衆の一人、菅沼次郎右衛門忠久 の屋敷があったという。
屋敷跡の道路向かいには、菅沼忠久が産湯に使ったという井戸が残っている。
屋敷の裏山には、菅沼忠久の碑 がある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年10月21日撮影 】

(1)この山の上に菅沼忠久の碑がある

(2)道路向かいのここを入るとすぐに井戸がある

(3)標柱は朽ちていた

(4)
 
このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ