伊能忠敬の滞留地・広中六太夫屋敷跡  田原市田原町本町
伊能忠敬が享和3年(1803年)3月29日~4月10日の間、渥美半島を測量した際に利用した宿舎跡だが、ここは、広中六太夫 の屋敷だったという。
渥美半島を測量した後、吉田(豊橋)へ向かう。
   忠敬の測量行程
蒲郡を測量した時の宿泊地跡、伊能忠敬蒲郡測量西浦宿泊地跡伊能忠敬蒲郡測量三谷宿泊地跡 もある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年02月12日更新 】

(1)伊能忠敬が宿舎した広中六太夫屋敷跡

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ