二連木城址    豊橋市仁連木町136
大口公園 にあり、文明11年(1479年)田原城 を築いた戸田弾正左衛門宗光 が、明応2年(1493年)渥美半島の統一を図った後、二連木城を築いた。 その後、田原城を長男の戸田憲光 に委ね、二連木城に移って 今橋城(現吉田城)主牧野成時 と勢力争いを行う。
戦国争乱の中にあって波乱の変遷をたどったが、天正18年(1590年)城主 戸田康長 が徳川家康に従って関東(武蔵国)に移ったため、当時の吉田城主 池田輝政 によって廃城となる。
戸田宗光の墓は田原市の 長興寺 にある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)写真をクリックすると拡大表示されます

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ