アルミ缶の吉田城   豊橋市今橋町3-1  ギネス世界記録  
530(ゴミゼロ)運動は豊橋市が発祥の地。  この「530」の数字を並べ替えて350ミリリットルのアルミ缶を 104,840個(語呂でトヨハシ)使って接着剤でくっつけ、高さ5m、幅6.6m、奥行き5.5m、重量は缶だけで約3トンの吉田城のオブジェが、平成25年(2013)9月21日に完成。 過去最多のアルミ缶を使用した造形物としてギネス世界記録に認定された。 
オブジェは1ヵ月ほど吉田城 の広場で展示されたが、その後の保管場所が見つからなく、 11月18日に取り壊された。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年09月23日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ