山本勘助生誕の碑    豊橋市賀茂町出口
山本勘助 の先祖は清和天皇 の後裔、新羅三郎義光 の三世、山本遠江守義貞から出たと言われてい.ます。
家は代々駿河国富士郡に住み、山本伝次郎幸綱になった時、三河国八名郡賀茂荘の2500石を与えられ賀茂の照山に住み着きました。この人が山本家第一代で、本願寺 に「山本勘助両親の墓」があります。第二代は山本帯刀といい、前記を領して賀茂神社 の神官をしていました。
第三代は山本藤七郎光幸といい鶴巻に住むようになりました。この人には3人の男の子があり、長男を清七、次男を清助、三男を源助といいました。この源助が勘助の幼名です。  山本勘助は、明応9年(1500年)8月15日 にこの地で生まれました。 【 碑の解説より 】
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2) 写真をクリックすると拡大表示されます

(3)山本勘助の墓は長谷寺にある

(4)山本勘助両親の墓は本願寺にある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ