大聖寺・今川義元の墓    豊川市牛久保町岸組66
大聖寺は浄土宗の寺院で、山号は牛頭山、本尊は阿弥陀如来で、豊鳳二十一弘法大師6番霊場。 
境内の北西の隅に石柵に囲まれて建つ墓が、戦国時代駿遠三の大名今川義元の胴塚。昭和51年10月30日   市指定史跡
義元は 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで戦勝祝宴中のところ、大雷雨に乗じた織田信長の奇襲をうけて敗死。家臣たちは、首のない遺体を背負って駿河へ帰る途中、ひとまずこの地に葬り、手水鉢をその上に置いて墓じるしとしたものが、現在もそのままになっいる。
今川義元の墓の左手には、一色刑部の墓 がある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年02月25日更新 】

(1)大聖寺

(2)

(3)

(4)

(5)左には 一色刑部 の墓がある

(6)今川義元の胴塚

(7)

(8)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ