御油橋     豊川市御油町橋際 このページを印刷
県道368号豊川蒲郡線の 追分 の所から北上すると、音羽川を渡る。ここに架かる橋が「御油橋」で、最初は織田信長が架けたという噺がある。
     御油宿こぼれ噺「 信長公が初めて御油橋を架けた!?
橋の西の端には、若宮八幡社 が鎮座している。
東三河の橋 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年9月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ