赤坂陣屋跡   豊川市赤坂町紅里30
慶長6年(1601年)より赤坂は天領となる。その後、慶応4年(1868年)まで遠江の中泉陣屋の出張陣屋となるが、明治4年(1871年)の廃藩置県で廃止となる。
陣屋入口址は、以前は 大橋屋 の横にあったが、今は、その奥に標識が移っている。
今、この周辺は住宅地となり、遺構は残っていないが、陣屋の山門は、白鳥町にある 法雲寺 の山門として移築されている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年08月26日撮影 】

(1)

(2)写真クリックすると拡大表示されます

(3)陣屋入り口は大橋屋の奥にある

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)以前は大橋屋の横に陣屋入口の標識があった

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ