八幡砦(八幡村城)      豊川市八幡町東赤土
牛久保牧野氏の家臣・板倉弾正重定 が、東三河へ進出してくる松平元康(徳川家康) に備えて砦。
永禄5年(1562年)6月、佐脇砦の三浦左馬助義就、二連木城 の戸田康重、牛久保城 牧野保成 らと赤坂で合戦したが、松平氏に滅ぼされ落城。
城跡は、東三河の城(郷土出版社発行)では、八幡宮 の道路を挟んだ東側と記されており、三河国分寺塔跡 の説明板には、ここに土塁として土が盛られたとある。そして、豊川市の 八幡砦跡発掘調査 では、八幡宮の北側と記されている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年06月21日撮影 】

(1)八幡宮

(2)八幡宮の北側は住宅地

(3)左側は西古瀬川

(4)

(5)

(6)八幡宮の東側

(7)三河国分寺塔跡があり

(8)八幡宮側の道路沿いに土塁跡が残っている

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ