砥鹿神社の石鳥居    豊川市一宮町西垣内2
砥鹿神社 の国道151号沿いにある石鳥居は、高さ 7.26m、柱間 5.5m の花崗岩製で、天保13年(1842)に 砥鹿神社本宮山奥宮遙拝所 として、現在の諏訪西町に建立されたもの。 昭和20年8月7日 の豊川海軍工廠の空襲で被災し、その時の被爆痕が現在も残っている。
その後、昭和31年(1956年)に現在の場所に移され、平成25年(2013年)1月21日、 市の有形文化財 に指定されている。
文化財に指定されている鳥居は、小坂井町の 菟足神社 にもある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年08月14日撮影 】

(1)道路側から見る

(2)神社側から見る

(3)被爆痕が所々に見られる

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ