不相城(丸山城)址・蒲郡クラシックホテルのツツジ   蒲郡市竹島町15-1
不相城は 竹島 の対岸・標高35mの小山に築かれた城で、上の郷城鵜殿長持 の弟、鵜殿長成 が城主だったが、僅か一代限りの城だったという。現在は蒲郡クラシックホテルが建ち、遺構は無い。

ホテルの庭園内には、3,000本のツツジが咲き誇り、コールデンウィーク中には、「つつじ祭り」が開催されて多くの人でにぎわう。 また、ホテルの左裏手には、蒲郡の名木50選 に選ばれている 「蒲郡クラシックホテルの大マツ」 もある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)竹島から不相城址を望む

(2)

(3)不相城址から竹島を望む

(4)三河大島も望める
初夏にはツツジの名所となる

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ