無量寺の大クス(花と実)   蒲郡市西浦町日中30
ガン封じ堂のそばに立ち、無量寺 の本堂ばかり気にしていると見落としてしまうかも・・・  幹周 8.1m、根回り 12m、推定樹齢 300年以上の大木で、根幹の半分以上は腐朽のため空洞になっているが、今なお樹勢は逞しい。植物の生命力に脱帽! 
市内では清田の大クス についで2番目の大クスであり、蒲郡の名木50選(43) の一つで、昭和46年2月9日 市指定天然記念物 にもなっている。
春に小さな花が咲き、秋には小さな実が生り、この実が冬には真っ黒になる。でも、 大木なのに何で? 花や実はこんなに小さいのか?
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)
春には白い小さな花が大木に覆いかぶさる様に咲いていた 【2011年5月25日撮影】

(9)

(10)

(11)

(12)
秋になると小さな丸い実を結ぶ 【 2018年9月16日撮影 】

(13)

(14)
晩秋から冬にかけて真っ黒に熟す【 2020年11月17日撮影】

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ