えんがん山道標  新城市玖老勢北貝津17
玖老勢地区の県道32号長篠東栄線と伊那街道との分岐点に建つ道標で、利修仙人 が修業したという 煙厳山(利修仙人護摩所) への道を示したものだという。
鳳来寺表参道(歴史が歩いた坂道)にある 高徳の石燈籠 も「煙巌山の入り口」だと示した道標でもある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年01月13日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ