三十三観音とサルスベリの花   新城市作手菅沼落合30
県道337号作手菅沼平瀬線を西へ進み、中菅沼のバス停を過ぎて200m程行くと、県道から逸れて右へ入る道がある。 すぐに上菅沼のバス停があり、その先に沢山の石仏が祀られている。
秋になると観音堂前のサルスベリの花が楽しめるが、ここの花は咲くのが遅く、夏の間に楽しむのは難しい・・・・・ 何故だろう??
前の橋を渡ると弁財天があり、十六童子 が祀られているというが、獣除けの柵が施錠されており、中に入ることができない・・・・(>_<)
   サルスベリの花はここでも楽しめます
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年02月25日撮影 】

(1) 上菅沼のバス停を過ぎて数メートルの所にある

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)秋になるとサルスベリの花が咲く 【 2018年9月3日撮影 】

(10)

(11)

(12)

(13)
(14)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ