玖老勢の徳住名号塔  新城市玖老勢字中村
三河大石 の所から旧道に入り南下すること200m程の右手に、「南無阿弥陀仏」の文字が彫られた石碑がある。
これは徳本上人の弟子で、尾張、三河各地で念仏布教に努めたという徳住の六字名号塔で、「徳住」の文字もはっきりと読み取れる。
徳住上人は、ここから東へ1Km程の所にある 山寺の寝観音と音連の滝 を眺めながら修業したという。  鳳来の伝説「 山寺観音
徳住の名号搭は設楽町清崎の徳住名号塔津具田中原の徳住名号碑 などもある。

 徳本上人   六字名号 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年09月27日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)山寺の寝観音と音連の滝はここをクリック

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ