黒瀬庄ノ沢緑地のノリウツギ(糊空木)  新城市作手黒瀬字庄ノ沢
秋の気配がする頃、 黒瀬庄ノ沢緑地 でノリウツギの花が咲いている。 木道の脇で咲いているので、写真を撮るのも苦にならない。
アジサイ科の植物で、樹皮に含まれる粘液を和紙をすく際の糊として利用したことから、この名がついたと云う。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年08月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ