道目記城跡と豊玉稲荷  新城市杉山字道目記 市指定史跡
1560年(1570年と云う説もある)、菅沼十郎兵衛定氏によって築城。
その後、田峯と長篠の菅沼氏は武田軍にが降ったが、定氏は 野田城 の菅沼定盈とともに終始徳川方に残った。
元亀4年(1573年)に武田信玄が野田城を囲んだ際には、ここ道目記城に入って本営としている。 
現在、城跡は横浜ゴム社員寮と千歳中学校の一部で、豊玉稲荷社が鎮座している所が本丸の土塁だったという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)豊玉稲荷社

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます