欠下城跡  新城市矢部字欠下
室町末期の築城とも云われているが、築城年代や築城者等は定かではない。 
新東名高速道路の工事中は勅養寺 の東側から歩いて入っていったが、今は道が整備され、城跡まで車で行くことができる。

昭和33年4月1日  新城市指定史跡
 
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年03月04日更新 】

(1) この坂を上って来た

(2)矢印の所を左折

(3) 振り返るとこんな感じ。 後ろに見えるのは新東名高速道。

(4) ここからは未舗装となる

(5) 右手の草木の中に標柱がある

(6) 標柱には「文化庁長官」 の文字も刻まれている

(7) 石垣跡跡か?

(8) 車でも入れそうだが、大した距離ではないので歩いて行く

(9)

(10) ここが本丸跡

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ