橋詰殿戦場  新城市出沢
設楽原の戦いで武田軍が総崩れとなり、武田勝頼 を無事に甲州へ帰還させるため、馬場信房 や笠井満秀などが殿となって織田・徳川連合軍と最後の戦いを繰り広げた場所。
馬場美濃守信房戦死之地 は、ここから少し北へ行った所から山を登ると石碑がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます