鳥居強右衛門勝商上陸の地  新城市川路
天正3年(1575年)5月14日、武田軍が長篠城の総攻撃を仕掛けたため、岡崎の徳川家康に援軍を 頼むための使者として志願した鳥居強右衛門は、夜半に野牛門から豊川へ降り、川中の鳴子網を掻い潜って 4q程下流の広瀬に上陸したのがこの場所。
そして、ここから雁峰山で脱出成功の狼煙をあげ、作手を経て岡崎までの道をひた走った。
すぐそばには、酒井忠次 が鳶ヶ巣山 を奇襲する際に豊川を渡ったという 広瀬の渡し がある。
      新城昔ばなし「岩広河岸と広瀬の渡り
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年06月07日撮影 】

(1) 「広瀬の渡し」 のいろはかるたの前を通り・・・

(2) 旧渡舟場の横を過ぎて・・・・

(3) この道を進むと・・・・すぐに・・・・・

(4) 標識が見えてくる

(5)

(6) 鳴子網架設地

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ