旧黄柳橋(つげばし)  新城市乗本
大正7年に架設された橋長 51m、幅 4m、橋を支えるアーチと道路面との間に空間があるオープンアーチ形式のコンクリート橋で、当時のアーチスパンの長さとしては、全国一の規模を誇る。
初代の橋は、明治24年(1891)に木橋が架設され、2代目は大正7年(1918)に鉄筋コンクリート製オープンアーチ橋に架替えられて現在に残り、歩道として利用されている。
平成10年(1998年)9月2日に愛知県内の土木構造物として初めて 国の文化財 として登録。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ