大林寺  新城市四谷1049
四谷の千枚田 の奥、山の中腹に建つ曹洞宗の寺院で、山号は桂巌山。 下には四谷の千枚田を見下ろすロケーションで、冬には周りが赤いサザンカ(山茶花)の花に取り囲まれる。
境内に入る手前には聖堂(ひじりどう)がある。 ここには「 お聖様」の伝説があり、今でも聖堂の前扉には、聖様が大好きな松笠が吊り下げられている。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【2017年12月13日撮影】

(1)
県道32号を四谷の千枚田から更に上に行き、ここを右に入る。
正面に案内板があるが、チョッと気付きにくい。

(2)
左にカーブせずに、真っ直ぐ進むが、下り坂なので運転席からは道が見えないかも知れない。右角に大林寺の石柱がある。

(3)すぐに左に入る。石仏が目印。

(4)そのまま進むと・・・・・

(5)大林寺の境内に入る

(6)本堂

(7)聖堂

(8)

(9)松笠が供えられている

(10)

(11)聖神宮

(12)延命地蔵尊

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ