東堂神社のイチョウ 北設楽郡設楽町川向字上戸神11-1
東堂神社 の境内に1本のイチョウの大木がある。 11月中旬ごろ国道257号から下の方に目を向けると、真黄色に染まった公孫樹が目に飛び込んでくる。
神社の境内は黄色い絨毯が敷かれ、下に落ちた銀杏の実を踏まないように歩くのは難しい・・・・
本殿の右手の方には、 町の天然記念物トチノキ があり、同じ頃にはトチの実 を落としている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  【 2012年11月16日撮影 】

(1)国道257号より望む

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ