真木重郎兵衛定前邸跡  田原市田原町池ノ原3
天保8年(1837)渡辺崋山 45歳の時、田原領内に飢饉が発生(天保の飢饉)、 田原藩の家老 渡辺崋山報民倉 を作ったが、実務担当は渡辺崋山の用人 真木重郎兵衛定前。 田原藩は一人の餓死者も出す事もなく、この飢饉を乗り切っている。
この真木重郎兵衛定前邸の跡が、崋山銅像 の西側道路沿いにあり、墓は霊巖寺 にある。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2018年06月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)墓は霊巖寺 にある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ